ライフハック

【実録】186日連続で瞑想を続けたぼくがポケモンに例えて瞑想のメリットを話す

瞑想アイキャッチ

こんにちは!きゃわです!

きゃわ

今日は瞑想の話をしますよ~!

  • 「瞑想は良い」って良く聞くけど、何がいいのかイマイチわかんない
  • スピリチュアルでちょっと怪しい
  • 知りたいけど、自分から学びにいくほどでもない

こう思ってはいませんか?

そりゃそうですよね、自分に直接的なメリットがないと興味もてないし、行動起こすなんてもってのほか。

きゃわ

ちなみに、ぼくも同じです。

これらは全てぼくが思っていたことです。

いや~、普通に元気に生活してたら「瞑想しよ!!」ってメンタルにならなくないですか?僕は興味すら持ってませんでしたよ。

ちなみにぼくが瞑想をはじめたきっかけは

えみり(元カノ)

きゃわくん、別れよ

でした。一定数の方が「こいつ迷走と瞑想間違えてるだけなんじゃね?」と思ったかもしれませんが間違ってません。真面目な話ですよ!!!

今日はそんな小難しい、よくわからん瞑想をポケモンに例えて超わかりやすくお話しします!

この記事を読むと、瞑想の効果が手に取るようにわかります!

それではやっていきましょ~~!

瞑想ってそもそもなんなん?

まずは広義の意味をみていきましょ!

瞑想とは、心を静めて神に祈ったり、何かに心を集中させること、心を静めて無心になること。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ん~~、広義の意味だとスピリチュアルな印象を受けますね。おそらくこれが怪しいと思われている理由だと思います。

あと「心を静めて」という部分もざっくりしすぎてて良くわかりませんね。

なので瞑想を以下のように再定義しました。

瞑想とは、「五感※」だけを味わうこと

※味覚、嗅覚、触覚、聴覚、視覚

そして、瞑想は手段でしかありません。得られる効果があります。

瞑想の効果は、状態異常のない状態を知れること、です。

ここからは「状態異常がない状態ってなに?」という疑問と、

知れたことから何が可能になるか」をお話ししていきましょう!

ポケモンにおける状態異常って?

先述、瞑想のメリットは「状態異常のない状態を知れること」と書きました。

ここからポケモンの例えに入ります。

ポケモンでいう「状態異常」が無いってどういうことでしょう?

状態異常のない状態とは?

まひ、やけど、どく、ねむり、こおり、こんらん、メロメロ等にかかっていない状態。つまり通常の状態のこと

となります。

ここで、じぶんのポケモンが「やけど」にかかったとします。

やけどの影響は、

物理技で与えるダメージが減少し、毎ターン一定のダメージを受ける。

です。

もしチーゴのみを持たせてたり、やけどなおしを持ってる場合は、対策することができます

チーゴのみ

持たせると戦闘中に火傷状態になった時に自分で治す。フィールドでも使用できる。

では、チーゴのみもやけどなおしも持ってなかったらどうしますか?

対応はいくつかありますよね。

  • 物理技のダメージが減少するので、特殊技を打つようにする
  • 特殊技を覚えていないので、別のポケモンにチェンジする
  • タイプ相性の良いポケモンにチェンジする  …etc

これらは「やけど」という状態異常の「名前」と「影響」を知っているから、対策、対応ができています。

もし「やけど」の名前表示がなく、影響がわからなければどうなると思いますか?

きゃわ

なんか毎ターンダメージ受けていくし、攻撃ダメージめっちゃ少なくなってるし、どうしたらいいの~~~~~!?

こうなります。
対策の方法も、取るべき対応もわからないのです。

そして、毎ターンダメージを受けることや、攻撃のダメージが減少しているということはどうして認識できるんでしょうか?

それはあなたが、ポケモンは通常時、

  • 毎ターン、攻撃を受けなければ体力に変動がない
  • 攻撃すると、ダメージはおおよそこれくらい与えることができるだろう

ということを定義しているので、通常時との「差」として認識できているんです。

人間における状態異常って?

きゃわ

さて、ここからは現実のぼくたちに当てはめて考えてみましょう!

ぼくたち人間における状態異常は「心」と「体」の両方に影響を及ぼします。

例えばあなたは、片思い中の人に不用意な一言を発してしまったとします。

A子ちゃん

ごめん、ちょっとしばらく話したくない。

と言われたら胸が苦しくなりますよね。

この時、心にはストレスが与えられ、人は思考します

きゃわ

あんなこと言わなければよかった!
言わなかったら今頃仲良く話してたのかな?明日には仲直りできるのかな?

こんな風に、過去のことを悔やみ、未来の心配をします。

また、体にも影響が出ます

  • 呼吸が浅くなる
  • 心拍が早くなる
  • モノゴトに集中できなくなる
  • イライラする …etc

いうなれば、これは「状態異常」です。

明らかに体にも心に変化があり、通常時と差があります。

人間の通常時というのはリラックス状態と置き換えましょう。

ポケモンの時はどうだったでしょうか。

  • 状態異常の「名前」と「影響」が言語化されていた。
  • 通常時の定義もされていた。

以上のことから、対策できる方法の立案と、状態異常下における冷静な対応が可能でしたよね。

でもあなたのやりどころのない気持ちの「名前」と「影響」は言語化されていません。

加えてリラックス状態の定義もされていないので、どれだけ差があって、ひどい状況なのかもわかりません。

これでは、どう対策したら治るのか、どう対応すれば状態異常を乗り越えることができるのかが一切わかりません。

きゃわ

連絡返ってこない…!あと何回かLINEしてみよう…。

だめだ…、ちょっと電話してみよう…。

追いLINEに追い電話、もう最悪ですね。

全く冷静に対処ができていない上に、これではさらに嫌われてしまうでしょう。

よって、ぼくたちは状態異常への対策として以下2点が必要となります。

  • リラックス状態の定義
  • 状態異常の名前と影響の理解

リラックス状態のマイ定義を作ろう

まずはリラックス状態の定義をしましょう。簡単です。

もちろんリラックス状態の定義は人毎に違います。

なのでマイ定義を行うことが大事です。

以下にマイ定義チェックリストを用意しました。


まずは深く読み込まずサラッと流してください!

「体」リラックス状態のマイ定義チェックリスト
  1. 心拍の間隔を覚えること
  2. 心拍の速度を覚えること
  3. 呼吸の深さを覚えること
  4. 足の先~胴体、腕、顔、頭頂までの肌感覚を覚えること

「心」リラックス状態のマイ定義チェックリスト
  1. 心の中で勝手にしゃべる声を意識的に消すことができる
  2. 過去、未来、空想を考えず、五感のみを感じ続けることができる

これらが出来れば、自分のリラックス状態の定義は完璧と言えます。

きゃわ

定義はわかったから、どうやったらいいのか方法を教えてよ~~~~

はい、ここで瞑想の出番なんです。

瞑想の効果は、状態異常のない状態を知れることです。

そうなんです、瞑想は状態異常のない状態、つまりリラックス状態を知ることができるんです。

その根拠は方法にあります。

瞑想とは、「五感※」だけを味わうこと

※味覚、嗅覚、触覚、聴覚、視覚

五感だけに意識を集中することで、心拍を含めた体のリラックス状態を覚えることができます。

また、意識が五感に集中しているため、思考することができなくなります。

そのため心は「一切の波がない水面」のように静かになります。

これが心のリラックス状態です。

あとは状態異常の名前と影響を覚えるだけ

ここまでくれば、リラックス状態の自分と比べて、

  • どれだけ心拍速度があがっているか
  • 呼吸は浅いか
  • 胸のどのあたりがずきずきして、気持ち悪いのか 
    …etc

を素直に感じて、名前をつけてあげるだけです。


僕は昔から恋人とケンカすると、

きゃわ

心拍数めっちゃ上がってる…
呼吸も浅くて速い…
ちょうど心臓のあたりがキュッと締め付けられてる感じがする…、頭もいたい…。

こうなっちゃうので、この状態異常に「ラブリーショック」という名前を付けています。

また、冷静に対処できる方法として以下を確立しています。

ラブリーショックへの対応
  • 絶対にLINEでケンカについて連絡を取らない。
  • 電話も緊急時以外はしない。
  • なるべく早期に15分間の仮眠をとる

こうすることで、事態の悪化を防止し、素直に自分から謝る意識を手に入れることができるのです。

これはあくまでぼくの例です。

自分のリラックス状態から外れた状態に名前を付けて、冷静に対応できる策を用意しておくだけで、感情に任せた行動や、衝動的な発言を防ぐことができるのです。

最後に

今回、ぼくは恋人とのケンカを例に出しましたが、これは仕事でも活用できます。

お客様先でのプレゼンに対して過度な緊張をしてしまうと、うまく話すことが出来ず、コンペから落選してしまうということもあり得ます。

そんなときに、自分が今リラックス状態からどれだけかけ離れているかが把握できていると、深呼吸で体を整えたり、意識を持ちなおすといった対策ができます。

また、本記事では具体的な瞑想の方法については触れませんでした。

今回はあくまで瞑想の効果を分かりやすく説明するのが目的でした。

機会があれば僕が行っている瞑想の方法も紹介しようと思います!

それでは今日はこの辺で!

きゃわ

ばいちゃ~~!